着心地をこだわりたい!オーダーシャツについて初心者にわかりやすく解説

人は食生活の変化や運動不足により、全身に無駄な脂肪や筋肉が付いてしまいます。そのままにしておくと服が着られなくなるので、最適な品を選ぶ必要があります。ですが市販品はあまり品質が良くありませんし、すぐに駄目になってしまうかもしれません。 そこで高品質のオーダーシャツを購入し、普段着として身につけると良いです。オーダーシャツは現在の体にピッタリなので非常に着心地が良いですし、高品質な素材を使っていると市販のシャツよりも長持ちするでしょう。近隣の店舗でスタッフにサイズを測ってもらい、最適な素材を使った極上の逸品に仕立て上げてもらうことを推奨します。

オーダーシャツで選べる3つのオーダー方法

シャツや既製品から選ぶこともできますが、微妙にサイズが合わない、好みに合う素材やデザインのものが見つからないという場合もあります。 身体にぴったりで、着心地も抜群のシャツを選ぶならオーダーシャツにすることも考えてみましょう。 オーダー方法も3つ用意されているので、それぞれの違いも知っておきたいところです。 パターンオーダーはお店が用意している型紙を元にサイズやシルエットを微調整する方法です。既製品での着心地に満足できない場合も、より体に合うもの、好みに合うシルエットを選べるようになります。 イージーオーダーシャツも、型紙からそれぞれの体型に合うものを選び、美調整していきます。パターンオーダーよりも、調整個所が広がるのでより好みに合うものを選べるようになります。 フルオーダーの場合は、お店で用意している型紙は使わず採寸をして型紙から作っていきます。生地やデザイン、シルエットまで本当に好みに合うものを作りたいという人におすすめです。

オーダーシャツはフィット感が最高

シャツの既製品の多くはSやM、Lなどのサイズが定められており、いわゆる標準体型の方であればいずれかのサイズがフィットしますが、実際はひとりひとり体型が異なることから僅かに合わない部位があることも少なくありません。それでも多くの方は妥協をして着用することになり、日常の動作に支障を来たすケースも少なくありません。一方、オーダーシャツなら採寸を行ってから丁度良いサイズのものを作成するので、スタイリッシュなシルエットを保ちつつ動作がスムースでフィット感が最高です。既製品には無い感覚を得ることができ、一度それを味わってしまったら元には戻れないという方が大半を占めています。オーダーシャツを注文すれば採寸のデータはお店の方で保管しているので、再び注文する際には採寸をする必要もなく、すぐに作成してもらえるので短納期になるのも便利です。オーダースーツを利用して、ビジネスからプライベートまでおしゃれにアクティブになる方が増えています。

オーダーシャツで聞かれるいくつかの名称を覚えておくと安心

オーダーシャツを購入する際、いくつかの名称を理解しておくことは重要です。これによりシャツの特性やスタイルに関する誤解を避け、満足のいく商品を手に入れることができます。 まずシャツの襟の形に関して言えばポイントカラー、ウイングカラーそしてボタンダウンカラーなどがあります。それぞれのカラーは異なるスタイルを持っており、場面や好みに合わせて選ぶことができるのです。 次に、袖の長さについて考えましょう。半袖、フレンチカフスやカフスリンクスなどがあります。袖の長さやカフスのデザインは、季節やフォーマルさに応じて選択できます。 オーダーシャツの素材も重要です。ポリエステルなどが一般的な選択肢で素材によって肌触りや通気性が異なり、着心地に影響を与えます。 シャツのフィットも検討すべきポイントです。スリムフィットやクラシックフィット、レギュラーフィットなど体型や好みに応じて選びましょう。 最後に色や柄を考慮することも大切でホワイトやブルー、ストライプなどシャツの外観は重要な要素です。場面や服装に合った色や柄を選ぶことがスタイルを決定します。 以上の要点を押さえシャツのオーダー時に適切な名称を理解しておくと、ショッピングがスムーズに進行し、満足度の高いシャツを手に入れることができます。

オーダーシャツを作る前に知っておきたい基本的な要件

オーダーシャツを作る際、基本的な条件を理解しておくことは満足のいくシャツを手に入れるために重要です。以下に、その要件を客観的に紹介します。 まず首回りのサイズを正確に測定することが不可欠です。首回りのサイズが合わないとシャツが窮屈に感じたり、ゆるすぎたりする可能性があります。正確な首回りのサイズを知るために、軽くメジャーで計測しましょう。 次に袖の長さを測定することも大切です。袖が長すぎると手首からシャツがはみ出し、逆に短すぎると手首が出てしまいます。オーダーシャツの袖の長さは、腕を曲げた際に手首が見える程度が適切です。 身幅や着丈も考慮すべき要素です。身幅が広すぎるとシャツがバラバラに見え、着丈が長すぎるとシャツがずるずると出てしまいます。体型に合わせて身幅と着丈を調整しましょう。 素材も重要な要件です。シャツの用途や季節に合わせて綿、リネン、シルクやポリエステルなどの素材を選択しましょう。素材によって肌触りや通気性が異なります。 カフスのデザインや襟のスタイルも考えるべきポイントです。シャツの用途に応じてシングルカフスやダブルカフス、ポイントカラーやウイングカラーなどを選びましょう。 最後に色や柄を検討することも大切です。ビジネス用途ならシンプルな色やストライプが適していますが、カジュアルな場面ではカラフルな柄も選択肢です。

オーダーシャツで選ぶことができる生地の種類

オーダーシャツを製作していく時に利用される生地の種類は、主に3つが存在します。
それぞれ、天然のものと化学繊維のもの、そしてそれらを合わせたものです。
特に、オーダーシャツで利用されているもので人気が高いのは天然繊維です。
綿やシルクを用いることによって、高品質なオーダーシャツを作っていくことができるように考えられているからです。
手触りがいいのはもちろんですが、長期的に使い続けられるメリットがありますので非常に高い人気を得ています。
また天然水の場合は、吸湿性や刺激性に優れているという魅力が存在しますので様々な場面で使いやすいメリットが存在します。
もちろん、化学繊維で作られることに関しても人気は高いです。
特に、ポリエステルやナイロンについては安い価格で作ることができるということもあって、大量発注を行いやすいです。
オーダーシャツを、より多く制作したいと考えているときにはうってつけの生地だといえます。

オーダーシャツは採寸でこだわりを伝える

オーダーシャツを注文すれば、ジャストフィットするサイズを求めるために採寸が行われます。
担当者はこれまで多くのお客さんに接してきた経験から、実測値に加えてある程度の余裕や柔軟性を持たせることでシルエットと動きやすさを両立できるノウハウを持っており、大半のケースでは任せておけば問題ありません。
しかし、ひとりひとり感覚や好みが異なることから、自分が求めているサイズが存在していることがあります。
そんな時は遠慮なく、スタッフにこだわりを伝えるのがおすすめです。
例えば首回りが窮屈になるのが苦手な場合や、動きのあるお仕事をするので肩や腕の周辺に余裕を持たせたいなどを伝えれば、それを聞き入れてサイズや仕上りへと反映させることが可能です。
オーダーシャツを担当するスタッフは顧客満足度を重視しており、要望を伝えればそれを実現するために尽力してくれるのも嬉しいところです。
そんなオーダーシャツを注文して、アクティブな毎日を過ごす方が増えています。

オーダーシャツで選びたいボタンの種類と素材

オーダーシャツのボタンは、シャツのイメージや着心地に大きく左右する重要なパーツです。
主に4種類のいずれかがオーダーシャツに使われることが多いのですが、その中の一つである洗濯耐用度強化ポリタイプは、ポリエステル樹脂でできたプラスチック製のもので、洗濯に強く色や形の加工がしやすいので安価で多様なデザインがあります。
しかし、光沢や質感が劣り、アイロンをかけると溶ける可能性があるという点に注意しなければなりません。
ホワイトパールは、白蝶貝という真珠を育む貝殻から作られた最高級のもので、光沢が美しく丈夫で熱にも強いので高級感がありますが、希少性が高く値段はたかくなります。
天然貝タイプは、白蝶貝以外の貝殻から作られたものです。
高瀬貝や黒蝶貝などがよく使われ、一つひとつ色や模様が異なり、表情豊かな仕上がりになります。
ただし、選び方を間違えると着られる場面が限られたり、クリーニングで欠けたりすることもあります。
コンビネーションタイプは、異なる素材を組み合わせたものとなっており、金属や木などを貝やプラスチックと合わせることで独特の雰囲気を出すことができます。

襟の形状や大きさはオーダーシャツのこだわりポイント

存在感があって見た目がおしゃれなシャツが欲しい時には、市販されているものを購入するのではなく、オーダーシャツを発注するのもおすすめです。
好みに合わせて襟の形状と大きさを指定できて、遠くから見ても目立ちやすいデザインを選びたい時には、特大サイズの襟を選ぶことも可能です。
ビジネスの場で着用するシャツを作成するのなら、襟の角度を75度から90度ほどに調整することで、真面目そうな印象を作り出せます。
肩幅が広めな人にはワイドカラーが合っていて、襟の開きを100度から150度ほどに調整することで、首のまわりが細くなって見えるのが魅力的です。
結び目が大きなネクタイを好むのなら、ホリゾンタルという180度ほどに襟が開いたシャツを発注すると、ネクタイに合うカジュアルな印象を演出できます。
結婚式の二次会などの明るい雰囲気の場では、ナローショートというデザインが合っています。
オーダーシャツなら細部のデザインも、こだわりが詰まったものを選ぶのも簡単です。

オーダーシャツで選べるカフスのサイズや形状

オーダーシャツを選ぶ際、袖のサイズや形状を選択することができます。
カフスは袖口部分であり、シャツの印象を大きく左右する重要な要素です。
そのため、自分の好みや用途によって選ぶことが大切です。
まずサイズについて考えてみましょう。
一般的には、腕の太さや手首の周囲に合わせてサイズを選ぶことが推奨されています。
カフスがきつすぎると血行が悪くなり、逆にゆるすぎるとシャツが崩れやすくなってしまいます。
自分の腕のサイズを正確に測定し適切なサイズを選ぶことが大事です。
次に形状について考えてみましょう。
一般的には、シングルとダブルの2種類があります。
シングルはボタンで留めるタイプでありカジュアルな印象を与えます。
一方、ダブルは専用のアクセサリーで留めるタイプであり、よりフォーマルな印象を与えることが出来るのです。
以上のように、オーダーシャツには袖の大きさや形状を選ぶことができます。
自分の好みや用途に合わせて選び、シャツをより一層オリジナリティ溢れるものに出来るのです。

オーダーシャツ ギフト券に関する情報サイト
オーダーシャツ大辞典

長く人生を送っていると脂肪や筋肉が徐々に付いてくるので、これまで身につけていたシャツが着られなくなることがあります。他のメーカーのシャツに買い替えても結構ですが、この機会を活用して是非高品質のオーダーシャツを購入してみることをおすすめします。 現在の体にピッタリ合いますし、素材が良いと市販のシャツよりも着心地が良い上に長持ちするからです。デパートや専門店に足を運んでサイズを測ってもらい、自分にとって最適な一品を仕立ててもらいましょう。

Search